--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.12.17

最近読んだ本たち



最近読んだ本たちの書評してみる
※恒例の逃げ文句ですが、書評は素人の個人的見解です。
 余興程度の気持ちで軽く読んでやってください


もはやネトゲとは何の関係も無いですがそれは今に始まった話ではない

Amazonへリンクしてありますがクリックしても僕には何のメリットもないのでご安心を。

今回は、横溝正史ミステリ大賞の受賞作2作品をご紹介。

ちなみにミステリー小説なんて今まで読んだことなくてガチで読んだのは初めて。

というか300ページ越える本を読んだのが初めてなんだけども。

買いたく無いけど気になる人向けに簡単なネタバレも用意。





デッドマン 個人的スコア:80/100

河合莞爾
単行本: 316ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング)



最初に1つの謎が提示され、複線を回収しながら、
話が進むごとにその謎に向けて収束していくスタイル。 大賞受賞作品。


<2つの視点で描かれるスピーディーな展開>
頭のない死体、胴体のない死体…身体の一部が持ち去られた6つの死体が都内で
次々と発見される連続猟奇殺人事件が発生。
主人公「鏑木鉄生」(かぶらぎてつお)率いる個性派揃いの特別捜査班4人が捜査に当たる中、一通の奇妙なメールが届く。差出人は「デッドマン」。彼は6つの死体のパーツを繋ぎ合わされて蘇った死人であると言い、自分たちを殺した犯人を暴くために捜査に協力したいという。

死体が蘇った?その死体がメールで捜査に協力したいと申し出ている?

デットマンとは何者なのか―・・・ 猟奇殺人事件の犯人は・・・そして動機は―
いくつかの謎を提示しつつ物語は収束していく。

序盤は鏑木視点、中盤以降はこの2人の主人公の視点で交互にストーリーが展開される。



<ミステリ小説初心者でも読みやすい一冊>
刑事モノだけあって非常に脳内で情景をイメージしやすくて読みやすい。
僕のような初心者にもピッタリかと思います。

また、中盤以降は次々に視点が切り替わって話が進むので混乱を招くかもしれないけど、その代わりスピード感はある。

ラストシーンなんかは犯人と対峙するっていう本当にありがちな展開というか悪い言い方をすれば「ありきたり」なんだけど、それ故に僕のような素人にも分かりやすい。
謎の種明かしをされたときも「なるほどね」という感じを味わえた。

内容にはiPS細胞も出てたりして、もしかしたら本当にそんな時代が来るかも?とか思ったり。

いつか内野聖陽さんあたりを鏑木役に据えて実写化されそうな予感。





さあ、地獄へ堕ちよう 個人的スコア 25/100

菅原 和也 (著)
単行本: 334ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング)



こちらも大賞を受賞した作品。

しかしデッドマンと打って変わってこちらは買って超ガッカリした作品。
Amazonで1575円で売ってますが正直そんな価値を見出せない。

<オチが最高につまらない>
謎のアングラサイト『地獄へ堕ちよう』-。
そこには凄惨な殺され方をした死体の写真が掲載されている。

久々に音信不通となっていた幼馴染のタミーに出会った主人公『ミチ』。
タミーは泊まるところが無いのでミチの家に泊めて欲しいと頼んできた。

自宅に招いたあと、ミチはタミーの所持品からデジカメを発見する。
悪いと思いながらも中身を確認するとそこには切り裂かれた死体の写真が・・・。

タミーに詳細を問い詰めると「関わるな」と言う。
― その後タミーは瞼を縫い合わされた状態で死体となって「地獄へ堕ちよう」に掲載されていた。

タミーは誰に殺されたのか? 『地獄へ堕ちよう』とは何なのか?

答えは終盤で明らかになるわけですが・・・
その答えが最高につまらない・・・。ガッカリしたの一言。

「それでもわたしは生きていく」みたいな感じで終わるのも「え?」って感じ。

結局著者は何がしたかったんだ?


<表現力はすごい>
終始グロテスクで痛々しく描写されており、ムラサキ君が死ぬところなんかは
実際にアレが縮こまっちゃうぐらいアレでした。

文章でここまで表現できるのはすごいんじゃないかなと思いますが、
オチがなぁ・・・ほんとに酷いなあ・・・

なんでこれが大賞作品なのかなぁ・・・



そんな感じの2作品。本屋で見かけたら是非。



解釈が違うかもしれないネタバレ

続きを読む
スポンサーサイト

Posted at 23:43 EDIT | Books | COM(0) | TB(0) |
2012.10.24

寄生獣



寄生獣。

岩明均によるSF漫画作品。




空からやってきた正体不明の生物が主人公の右腕に寄生したことから物語りは始まる。


ある日、空から多数の正体不明の生物が飛来してきた。
その生物は鼻腔や耳介から人間の頭に侵入し、脳に寄生して全身を支配し、
他の人間を捕食するという性質を持っていた。

寄生後も見た目は人間そのものであった彼ら「パラサイト」は、
高い学習能力から急速に知識や言葉を獲得し、人間社会に紛れ込んでいった。

平凡な高校生である泉新一はその日、眠り込んでいる間に
一匹のパラサイトの襲撃を受ける。耳にヘッドフォンをしていた幸運もあり、
間一髪で脳の乗っ取りは免れたものの、パラサイトは新一の右腕に寄生してしまう。

右手にちなんで「ミギー」と自ら名乗るパラサイトと人間の奇妙な共生生活の幕開けである。


-Wikipediaより










「人間以外の動植物、多くの人が尊いと思っていない命達が、強大な力を持ったらどうなるか」というところから生まれたというこの作品。

作者自身も「読んでいて初めから終わりまで退屈しないものというのが基本」と述べているように、最初から最後まで飽きずに読める作品だった。


寄生生物たちは言う。
「人間に寄生し、生物全体のバランスを保つ役割を担う我々から比べれば、人間どもこそ地球を蝕む寄生虫!!」

「…いや…寄生獣か!」



だんだんと知識を得ていき、そして思想が変わっていくミギーを見ているのも面白い。

村野さんかわいい。


果たして本当の悪は人間なのか寄生生物たちなのか…


そんな漫画。






Posted at 15:29 EDIT | Books | COM(6) | TB(0) |
2012.09.23

RED



RED 作:村枝賢一

西部開拓時代末期を舞台にした、
インディアンの生き残りVSインディアンを虐殺したサイコ野郎との戦いを描く。



評判良いから読んでみたけどそんな面白くなかったな

僕の読解力が足らないだけかもしれませんが、ありきたりな復讐劇漫画というか。

もっと厨臭くしても良かったのではと。

ガンアクションと終盤で出てきた盲目のエージェントが格好良かったぐらい。


人気のある漫画は画像検索すれば大抵の場合、どこかのコマの画像が出てくるけど
REDは画像検索しても全然出てこない。つまりそういう事。





Posted at 09:58 EDIT | Books | COM(0) | TB(0) |
2012.07.11

からくりサーカス



おもしろいってんで読んでみた 全43巻

いやー長かった 2ヶ月ぐらいかかったかな



200年前に起こった悲劇を因縁として巻き起こる、自分の意思を持ち人間に害をなす
「自動人形(オートマータ)」と、操り人形を武器にオートマータを破壊することを使命とする人形破壊者「しろがね」との戦いと、それに巻き込まれ、数奇な運命をたどることになる3人の主人公達の繰り広げる物語である。

― Wikipedia

ざっくり言うと人形使い VS 知能のある人形というバトル漫画。
絵はかわいい。最初のほうは全裸シーンもある。フゥー!


みどころは、主人公の一人 マサルが1巻から43巻にかけて成長してくサマ。




最初は泣き虫で弱々しく、いつも泣いてばかりいた少年・・・。






しかし、様々な人と出会い、経験し・・・そしていつしか少年は・・・

1_20120627003618.jpg 






男から「漢」へと成長してゆくのだ!





正直、この漫画は前半はかなり微妙な感じだった。

中途半端に「あたしは○○使いの××よ!覚悟しなさい!」みたいな事を喋る奴が出てくるので、あぁなんか名乗って戦ってればいいみたいな勘違いをしちゃったバトル漫画なのかなぁと思ってました。


中盤以降はそんな勘違い野郎は出てこなくなり、やっとこさバトル漫画っぽくなってきます。
サハラ砂漠戦からが本編と言っても過言ではなかろう・・・。

そして終盤はもうなんというかスゴイ。40巻過ぎたあたりからは感動すら覚えるぐらいです。


特に列車防衛でのこのシーン。



パンタローネェエエエ!!!

・・・ってなる。今までちゃんと読んできてればなるハズ。




終盤盛り上がるタイプの漫画です。



僕のお気に入りキャラは中盤以降に出てくる、腕が仕込刀になってるお爺さん!



















6_20120627003614.jpg




敵キャラなので最終的には死にますが、その死に方が物悲しいのなんの

次第に人間の心を理解していくオートマータ達に感動する。


そんな漫画。




Posted at 09:17 EDIT | Books | COM(2) | TB(1) |
2012.04.13

修造思考!・・・が出来れば苦労しないって!!



熱血元プロテニスプレイヤー男の最新本が出たから買いました。
(ステマじゃないよ!)




1050円もしますが修造先生のありがたいお言葉を拝聴できる本です。




 「一番好きな映画は?」と聞かれたら「スターウォーズ」と即答です。
 何度見ても新鮮な気持ちで毎回感動しています。
 僕が完全に「スターウォーズ」の世界に入るからでしょう。
 観ている時の僕は映画の中で生きているわけです。


 キャラクターのセリフやストーリーには必ず監督や製作する側の
 伝えたいメッセージが込められています。全ての映画にある筈です。
 でも僕はそのメッセージをそのまま受け入れるのではなく、
 自分なりに解釈しようと思っています。


 だから、
 なんとなく観るなんてことは許されません。
 本気で集中しないと見過ごすシーンがあったり、
 心に響く言葉を感じ取れないからです。



というような感じで熱く修造さんの考え方が書いてあります。

本の冒頭にも「あくまでも僕独自の方法論なのであって、読者のみなさん全てに当てはまるわけではない」と書いてある通り、修造先生だからこそ出来る思考論が多々ありますが、当てはまる、はまらないにせよ、ネタとして(?)普通に面白い本だと思います。

まるで修造が語りかけてくるような、

あの熱い声が、本の中から聞こえてくるような、そんな気すらしてきます

読み終わる頃にはあなたも修造思考になってること間違いなし!





まだ30ページしか読んでないんですけどね。




Posted at 19:35 EDIT | Books | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。