2010.02.28

オワルボーン

スペルボーンをご利用いただき、誠にありがとうございます。

MMORPG「スペルボーン」は、2009年12月11日に正式サービスを開始して以来、
多くの方にご利用いただいておりましたが、2010年3月29日(月)をもちまして
サービスを終了することになりましたのでご案内申し上げます。

これまでご愛顧くださいました皆様に深く御礼申し上げますとともに、
サービス終了につきましてご理解を賜りますようお願い申し上げます。




クソ吹いたwwww

早い いくらなんでも早すぎる。4ヶ月って・・・。

確かに面白くは無かったけどこれはいくらなんでも酷いじゃあないですか。

ありがとうスペルボーン。

さよならは言わないよ。だってまた会えるもんね!



2010.02.27

クロスブレイブ


さぁーいよいよクローズβが始まりました クロスブレイブ。
こいつがコケたらMHF以外しばらく楽しめそうなネトゲがないぞ。

クロスブレイブとはファイブスターという運営が提供する3D横スクロールアクションゲーム。
簡単に言えばアラドとかドラゴニカみたいなやつ。

このファイブスターという運営は「モンスターヴェルト」というネトゲを提供している運営会社ですが、
果たしてその実力はいか程のものか、いまだ未知の部分が多いです。

専用SNSでは情報更新も頻繁に行われているようだし、昨日のクローズ開始が20分ほど遅れましたが、
それに対しての謝罪文を更新するのも早かった。

プレイヤーからNPCの名前を募り、それが実際に実装されるとか、
わりとプレイヤーの意見を取り入れている感はする。

個人的にはアラド戦記の後継作として期待している。

どんなゲームなのかというと、基本的にはアラド戦記を代表とするMORPGのように、
街でPTを組みダンジョンに出撃してボスを倒して帰還という流れで進めていくタイプ。

決定的にアラド戦記と違うところはまず3Dである点だと思う。



この画像のようにクロスブレイブは2Dではなく3Dとなっている。

その為装備グラフィックがかなり細かくキャラに反映される。




こんな感じでメイン装備と装飾装備というのがあって、
アバターの表示・非表示が切り替えられるようになっている。

どういう事かというと、例えばアラドでいうなら顔だけ課金アバターのグラフィックを表示させて、
パンツは実際の装備のグラフィックを表示する といったように切り替えができるってわけ。





なぜ僕がさっきからこんなにアラドアラドと言っているのか。
まあ、とりあえず動画を見てもらいたい。

                                  

どうだろう、この動画を見てかなりアラド戦記を意識しなかっただろうか?

やった事がある人なら確実に連想すると言える。だって技が似てるんだもの。
まあアラドだって元はといえば何かからパクっているのだろうけど。

公式SNSでも頻繁にアラドとの比較の話が持ち上がっているぐらいシステムは似ている。

先ほど「個人的にはアラドの後継として期待したい」と言ったけど、
実際にやってみて思ったのは「アラドを意識している部分がかなりあるがアラドと比べてはいけない」ということ。

悪い意味で全くの別ゲーである。
アラドと同じだと思ってやると確実に肩透かしを食らう。
逆に言えばアラドとは別ゲーと思ってやればそこそこ楽しいと感じた。


まあそう言ってもまだLv15までしか出来てないので上位職に就いたらどうなるか分からない。

劇的に世界が変わってスタイリッシュになったとすれば神ゲーになるかもしれない。

ずっとこのままの感じなら確実にコケるゲームであることはまず間違いない。



まだそんなに試せたわけじゃないので詳しくは語れないが、
とりあえず現状ではクエスト内容の翻訳も完璧ではないし、
日本語入力がしずらいという問題もあるため課題は山積。

公式SNSでは1日目終了にして盛大なダメ出しを食らっている。(運営もそれを求めているわけだけど)

ひとつ言えるのはキーコンフィグは絶対に変えないと無理ってかんじかな。
まあそれでやってる人もいるだろうけど快適なんてもんじゃないね 到底。

なぜ移動をWASDというFPSタイプにしたのかが不明。普通に矢印キーでいいだろ。


後もうひとつ確実にいえるのは。

なんだかんだ言ってアラドはやっぱり神ゲーだったってこと。

運営はアレだけどゲーム内容でいえば間違いなく神。システムとか操作性も最高。


このゲームをやると本当によくそれが分かることは確かに言える。

なんにせよこのゲームについてはクローズβが終わるまではまだ分からないゲームだ。
正式が始まるまでにどう化けるかが見所だろう。


とりあえず今の所、動画のようにスタイリッシュに動けては居ない。




2010.02.22

グラディエーター

今朝、オリンピックのカーリングを見てました。

いやー、カーリング、面白いですね。実に面白い。

ズームインで羽鳥さんも言ってましたけど、見てるうちに段々と、なんとなくルールが分かってくるんですよ。

ルールが分かるって言っても、『中心に近いほうにストーンを置けばいい』とかその程度なんですけど、それが分かっただけでも結構面白くなってくる気がします。

細かいことはいいんですよ。要するに中心に石を入れりゃいいんです。それだけのスポーツなんです。

それで、ルールが分かると今度は『戦略』が見えてくるんです。

カーリングの面白いなぁと思うところはこの『戦略』があるところですね。フィギュアスケートとかは他国の選手が居るとは言え、結局のところ自分の技術力とかタイムとか、そういうのを競うだけで終わってしまいますけど、カーリングはちゃんとした『敵』が存在するので、そこに戦略とか駆け引きが生まれるんです。

で、その駆け引きを見てるのが楽しい。

自分のストーンで相手のストーンの進路を潰したりだとか、逆にそれを利用して、塞いでるストーンを盾にして、そのストーンの後ろにうまく滑り込ませて弾き出すのを難しくしたりだとか。

良かれと思って置いた石が自らの首を絞めることになってしまったりだとか。

こういう戦略的な争いは他の競技では少ないんじゃないかなー。

特に今日の日本VSロシア戦はすごかった。最初は日本が0でロシアが6点を取って負けていたんですけど、終盤になってうまいこと相手の石を利用して12-9で逆転勝利したんです。(正確な点数は忘れた)

最終11エンドの最後の1投で、相手の石の間をスレスレで通り抜けて、ハウスの中にあった石をはじき出した時は、ルールそんなに分からなくても「オォー!」と思っていました。

はじき出せれば勝ち、出せなかったら負けっていう切羽詰った状態だっただけに、実況してたアナウンサーの人も最後「勝った!!日本勝った!!!」って叫んでましたねー。

いやー何にせよ、カーリングはアツいスポーツだと言うことが良くわかりました。

スキークロスとかスノーボードクロスとか、100分の1秒単位で争う大回転とかもなかなか面白いと思った。

僕がスポーツについてこんなに書くことなんて滅多に無いですよ。





まあそんな事より剣闘士グラディエータービギンズが面白いです。


PSPに1日中向かってるのなんてこのゲームが初めてかもしれません。

剣闘士を育ててコロッセウムで生死を賭けた戦いをするゲームなんですけど、

すげー楽しいこれ。相手が着けてる装備を剥ぎ取ると自分の物に出来るっていうシステムが良い。これはハマル。

敵が着けてる兜が欲しかったら兜に攻撃しまくると敵の兜が剥げるんですが、敵殺すまでその兜が剥いだままになってれば自分の物として持ち帰れるんです。

相手も兜つけ直そうとするんで、なかなか大変ですが、それがまた面白い。

翼とか命がけで部位破壊しても100匹倒したって大部分の素材がギルドに搾取されて欲しい素材が来ないことだってある某なんちゃってハンティングゲームとは大違いですね。





↑この子すげえ防御硬くて強いんだわ


グラフィックも比較的綺麗だし、装備も種類400種類以上あるらしい。

フルフェイスヘルムが多いところなんて特に僕好みですね。

始めは名も無き剣闘士ですが、名だたる有名ランカー(ランキング上位の強いヤツら)を倒したときは手汗びっしょりになってヨッシャーとか思ってたりします。すごい強いんですもん相手・・・。

素手キックがあったり、装備強化、スキルとかも沢山ある。

あと防具が重いと剥がされにくい、武器が重いと装備をはがしやすくなるけど重量制限がキツい等など、色々考える事もあって戦略が広がる。個性が出しやすいのがいいね。

軽くネトゲやってるみたいな何ともいえない依存感がある。
3日ぐらいずっと夜中やってた。

1対3とかバトルロワイヤルとかあるのも古代ローマっぽいし、11人勝ち抜き戦とかもあって「無理だろ」っていうぐらいキツい試合をさせられるのも剣闘士なら納得出来る。


他人のキャラデータも使えるみたい。

対戦も一応出来るけど、スキルぶっぱ的な部分があるから、対戦は微妙かもしれないけど一人でやる分にはかなり暇つぶしになった。

難度も4段階(普通、困難、悪夢、絶望)あって、何回も周回する事が前提になってる。

面白いのでみなさんも是非やってみてください。

最初は闘技で勝っても賞金の殆どは借金の返済で失ってしまうので金が無くて大変ですけど、借金返済したあとは楽になりますので。





2010.02.19

終了したゲームたち



その自らの責任を全うし、これから細々と消え行く(又は既に消えた)
ネットゲームたちの名前を専用カテゴリ作ってここに補完していくでござる。

後でふと「プレイしよっかなー」って時にサービス終了してるのかどうか分からないと困るからね。


DragonRaja                    2007年9月4日
クロシーノ                   2009年11月30日
ネオスチーム                   2010年2月10日
レジェンドナイン                 2010年2月28日
スペルボーン                  2010年3月29日
カーディナルサーガ                2010年3月31日
カオティックブレイン               2010年3月31日
TENVI                      2010年3月31日
ヤンキー魂                   2010年4月28日
キャラクター大作戦               2010年4月30日
ヨーグルティング                2010年5月14日
TANTRA                      2010年6月2日
ワンダーキング                 2010年6月30日
アップルシードタクティクス           2010年7月15日
三国志Online                   2010年7月19日
十二ノ天                     2010年7月28日
デコオンライン                  2010年7月28日
アンリミテッドハーツ               2010年8月26日
モンスターファームラグーン           2010年8月31日
ヴァルキリースカイ               2010年9月30日
Master of Martial                2010年12月4日
クロスブレイブ                 2010年12月20日
PSO BB                     2010年12月27日
LIENS ONLINE                   2010年12月31日
野菜村                      2011年2月16日
STING                       2011年2月20日
LUNA Twinkle!                  2011年3月30日
ウィローズ                   2011年10月13日
RAN ONLINE(アルティメット学園乱)        2011年10月31日
ハウリングソード                2012年1月12日
ナイトエイジ                  2012年2月17日
ハドソン消滅                   2012年3月1日
フルメタルライド                 2012年3月30日
DEMONS CODE                   2012年3月30日
レインボーアーチ童話王国            2012年4月20日
戦場のカルマ                  2012年4月30日
ベルアイル                   2012年8月31日
FINAL FNATSY XIV(新生前)           2012年11月11日 17:00
シャイア                    2012年11月13日
ルナティア                   2012年11月16日
ドラゴニカ                   2012年11月28日
魔導学院エスペランサ              2012年11月29日
アークサイン                  2012年12月8日
アイリスオンライン               2012年12月25日
ルニア戦記                   2012年12月27日
タルタロス                   2013年2月25日
エターナルカオスNEO               2013年2月26日
HELLGATE                    2013年2月27日
メビウスオンライン               2013年2月28日
アルゴオンライン                2013年2月28日
コンチェルトゲート フォルテ           2013年3月27日
コルムオンライン                2013年3月27日
SOULALIVE ONLINE                 2013年3月27日
SEVENCORE                    2013年3月29日
蒼天                       2013年4月10日
プリウスオンライン                2013年5月8日
ブレイブソングオンライン            2013年5月29日
鬼魂                       2013年4月11日
KNIGHTS of KINGDOM                 2013年6月7日
LEGEND of VALHALLA               2013年6月25日
聖剣オンライン                  2013年9月4日
Wonderland ONLINE                2013年9月24日
ソードオブリベリオン              2013年9月25日
ファイターズクラブ               2013年10月31日
ゼネピックオンライン             2014年1月22日
トリックスター                2014年1月28日
ティアラコンチェルト             2014年2月18日
ラスティーハーツ               2014年3月27日
夢世界 プラス                 2014年3月31日
三国志-SEKIHEKI-                2014年3月31日
ルナティアプラス                2014年3月31日
シールオンライン                2013年6月17日


2010.02.15

DARK VOID


※本レビューは個人的主観によるものです。閲覧する方によっては不快に思われるかもしれませんので予めご了承ください。






昔、ニンテンドー64か何かの、スターウォーズのゲームをやらせて貰った事がある。

ジェットパックを使って飛ぶことが出来て、それにハマってた記憶が残っている。

この『DARK VOID』というゲームでは、そんな風にジェットパックを使って空を飛ぶことが可能というPCゲームではなかなか珍しいシステムを取り入れている。


[STORY]
主人公である輸送機のパイロット「Will」は、飛行中に突然、次元の裂け目に飲み込まれてしまい、異世界「VOID」に飛ばされてしまう。その世界ではウォッチャーと呼ばれるロボットのような外見のエイリアンが徘徊していて、日々戦いを繰り広げている。プレイヤーは現地のレジスタンス軍と共に戦いながらVOIDからの脱出を目指すというもの。




この作品で特筆すべきは何と言ってもジェットパック。


ゲームの序盤から、ジェットパックを入手することが出来る。

初期段階では少し浮くぐらいしか出来ないが、ゲームを進めていくとブーストで加速することが出来るようになり、自由に空中を飛ぶことが出来るようになる。

基本的に手に入れたら、地上にいる時でもジェットパックを使うことができ、室内だろうが狭いところだろうがブースターで飛び回ることが可能。

このジェットパックを使いながらの戦闘というのは製作側もかなり重要視している部分のようで、空中戦を余儀なくされるシーン(着地すると死亡)というのもあった。

操作は慣れるまでかなりやり難い。特に地上でブーストを使うと確実に地面に激突すると言っても過言では無いほどやり難い。
3D酔いしやすい人は特に注意が必要だと思う。下手すると吐きかねない。

序盤の森林ステージは特にやばかった。製作側も大変だっただろうに。







色々見て回ったが、グラフィックについては適当な部分もあるようで、
イスからケツが浮いてしまっている兵士なども見られた。
ジェットパックからでる煙や電気のエフェクトはかなり凝っている。







空中戦では、ジェットパックだけではなく戦闘機や砲台を使ったり、敵のUFOを乗っ取ることも可能だが、あまり意義を感じなかった。
普通に砲台使ったほうが殲滅速度が速いからだ。

戦闘機のデザインはかなりスターウォーズっぽく、
回避動作とかはスターフォックス64を彷彿させた。








使える武器は9~10種類ほどだろうか。非常に少ない。

武器6種類 + 敵から奪える武器1種 + グレネード2種。
あとは銃座など。

初期から持っている実弾のマシンガン、ビームライフルや磁力で敵を浮かす武器などを使うことが出来るけど、僕はマシンガンしか使わなかった。

マシンガンは強化すると弾数が800発持てるのでほぼ弾切れになりませんでした。









近接戦闘もあり、これがまた強いのなんのって。
雑魚敵なら1発。強化兵でも最高で3発で倒せます。

正直、強すぎる感は否めません。

しかし、敵も近接戦闘を使ってくるので、調子に乗って突っ込むと返り討ちになることもありました。敵に近接使われるとボタン入力を求められ、それに失敗すると殺されます。







問題点としてはキーアサインが変えられない事と、
フルスクリーンに出来ない事だと思います。

特にキーアサインが変えられないのは相当つらいです。

XBOXのボタンで表記されているので、ボタン入力を求められたときにどのキーを押せばいいのか分からないのです。

その為いちいちオプションから確認しないといけなくなります。

(なんらかの方法で変えられるのかな?)


あとラスボスの弱さが異常。
弱点剥き出しで攻撃も単調。途中で出てくるサソリロボのほうがよっぽど強かった。






ストーリーはかなり重視しているようで、最後は感動ものっぽい雰囲気でした。

英語が分かれば相当楽しめるのではないかと思います。

プレイ時間は全体で5~7時間ほどで結構短い印象。

クリア後の特典は一切無しの上にセーブもオートセーブのみで、
2週目はチャプターごとに始めることになります。

今回は真面目にレビューしすぎたかな・・・






2010.02.13

マッスルデビル


最近、ツタヤで借りてきた初代キン肉マン見てます。

8巻までとりあえずDVD借りてきました。

いやー、とりあえず1巻終わるまでは「酷い」の一言に尽きますねこれは。

何が酷いってギャグセンスが酷い。あまりにも酷い。

微塵も笑えないギャグをDVD見終わるまで延々と2時間ほど聞かされるんですよ。
僕に言わせればこれはもう拷問以外の何者でもないです。

てか筋肉マンってプロレスものですよね?

僕はそう思ってました。


でもどうですか



DVD1巻の筋肉マンなんて、こんなわけのわからない怪獣たちと戦っているだけですよ。

恐らく開始したばっかりで、ゆでたまご氏の方針がまだ固まって無かったからなのか、筋肉マンはプロレスというより日本を守るヒーローという感じで描かれているようなんですね。

海外でいうスーパーマンみたいな。


しかもそれで強いならまだ良いんですが、筋肉マンすげー弱いんですもん。

テリーマンに見せ場取られまくりですよ。

筋肉フラッシュなる意味不明な技を繰り出したりするし、すぐ屁こくし、マリ先生かわいいしでもう見てらんない。





2巻~3巻あたりでやっとロビンマスクとラーメンマンが出てきた感じです。

この辺から、超人オリンピックなるイベントが始まって、やっとプロレスになってきました。


特にラーメンマン VS ブロッケンマンの対戦が凄い。

さすが残虐超人だけにグロい。グロすぎる。

作中でも、あまりに残虐すぎて試合の模様を放送できないっていう設定でやってるぐらいです。








ブロッケンマンの肌の白さは異常。

ちょっと白すぎやしませんかこれ。それとも手抜いて色付けてないだけなんだろうか。

とにかくブロッケンマンがあまりにも早く死んでしまってビックリです。

こんなに弱かったんですね・・・。(その後しょうゆラーメンになりました)





とりあえず今4巻まで見ましたが、まあなんと言うか相変わらずギャグはうんこですけど、せっかく2千円だして借りたんで、頑張って全部見ようと思ってます。


そういえばテリーマンはいつの間に英語を使わなくなったな・・・。



2010.02.10

PASSION ZONE















Posted at 00:32 EDIT | お動画 | COM(0) | TB(0) |
2010.02.01

BFBC2


面白いなー BFBC2。

テストだから1MAPしか遊べないけど、戦場演出が良く出来てるし、雰囲気も良いし、
飽きが来ないわ。

家とかぶっ壊してるだけでも1時間ぐらい過ごせるね。

やっぱりデストラクションシステムは偉大ですよこれは。




↑は箱版です


2142よりスコアが入りやすくなってるのも楽しめる要因のひとつかな。

事あるごとにピンが貰えてそれだけで100ポイントとかだったりするし。

アンロック外すのも結構楽。メディックだとちょっぱや。
あ、他の兵科上げるのメンドかったら落ちてる衛生兵の装備拾ってAEDで蘇生してりゃ簡単にあがりますよ^q^

他の兵科の装備使ってもスコアは現在使用している兵科のものになるようです。


素晴らしいのは全職業共通でショットガンとか使えるのがいいね。

遠距離専門の偵察兵でもショットガン持って突撃出来るわけだ。

てかショットガン強い。中距離以上はご愁傷様二の宮くんだけどショットガン強い。

ほぼ1発で敵死ぬ・・・。しかもショットガンの癖に結構集弾率高い。

ピストルもサブ兵装だからといって侮れない。連射早いし威力も高くて使いやすい。結構ピルトルで殺されたりする。

個人的に衛生兵のAEDで敵を殺せるのが楽しいわ
「間違っても無傷の人間に使うべきではない」
って説明に書いてあるけど、これは間違いなくメイン武器ですね!!

電気ショックで敵が死ぬ





見てください、このピンの数w
点数稼ぎやす過ぎる








Posted at 21:21 EDIT | BFBC2 | COM(7) | TB(0) |