2012.12.17

最近読んだ本たち



最近読んだ本たちの書評してみる
※恒例の逃げ文句ですが、書評は素人の個人的見解です。
 余興程度の気持ちで軽く読んでやってください


もはやネトゲとは何の関係も無いですがそれは今に始まった話ではない

Amazonへリンクしてありますがクリックしても僕には何のメリットもないのでご安心を。

今回は、横溝正史ミステリ大賞の受賞作2作品をご紹介。

ちなみにミステリー小説なんて今まで読んだことなくてガチで読んだのは初めて。

というか300ページ越える本を読んだのが初めてなんだけども。

買いたく無いけど気になる人向けに簡単なネタバレも用意。





デッドマン 個人的スコア:80/100

河合莞爾
単行本: 316ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング)



最初に1つの謎が提示され、複線を回収しながら、
話が進むごとにその謎に向けて収束していくスタイル。 大賞受賞作品。


<2つの視点で描かれるスピーディーな展開>
頭のない死体、胴体のない死体…身体の一部が持ち去られた6つの死体が都内で
次々と発見される連続猟奇殺人事件が発生。
主人公「鏑木鉄生」(かぶらぎてつお)率いる個性派揃いの特別捜査班4人が捜査に当たる中、一通の奇妙なメールが届く。差出人は「デッドマン」。彼は6つの死体のパーツを繋ぎ合わされて蘇った死人であると言い、自分たちを殺した犯人を暴くために捜査に協力したいという。

死体が蘇った?その死体がメールで捜査に協力したいと申し出ている?

デットマンとは何者なのか―・・・ 猟奇殺人事件の犯人は・・・そして動機は―
いくつかの謎を提示しつつ物語は収束していく。

序盤は鏑木視点、中盤以降はこの2人の主人公の視点で交互にストーリーが展開される。



<ミステリ小説初心者でも読みやすい一冊>
刑事モノだけあって非常に脳内で情景をイメージしやすくて読みやすい。
僕のような初心者にもピッタリかと思います。

また、中盤以降は次々に視点が切り替わって話が進むので混乱を招くかもしれないけど、その代わりスピード感はある。

ラストシーンなんかは犯人と対峙するっていう本当にありがちな展開というか悪い言い方をすれば「ありきたり」なんだけど、それ故に僕のような素人にも分かりやすい。
謎の種明かしをされたときも「なるほどね」という感じを味わえた。

内容にはiPS細胞も出てたりして、もしかしたら本当にそんな時代が来るかも?とか思ったり。

いつか内野聖陽さんあたりを鏑木役に据えて実写化されそうな予感。





さあ、地獄へ堕ちよう 個人的スコア 25/100

菅原 和也 (著)
単行本: 334ページ
出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング)



こちらも大賞を受賞した作品。

しかしデッドマンと打って変わってこちらは買って超ガッカリした作品。
Amazonで1575円で売ってますが正直そんな価値を見出せない。

<オチが最高につまらない>
謎のアングラサイト『地獄へ堕ちよう』-。
そこには凄惨な殺され方をした死体の写真が掲載されている。

久々に音信不通となっていた幼馴染のタミーに出会った主人公『ミチ』。
タミーは泊まるところが無いのでミチの家に泊めて欲しいと頼んできた。

自宅に招いたあと、ミチはタミーの所持品からデジカメを発見する。
悪いと思いながらも中身を確認するとそこには切り裂かれた死体の写真が・・・。

タミーに詳細を問い詰めると「関わるな」と言う。
― その後タミーは瞼を縫い合わされた状態で死体となって「地獄へ堕ちよう」に掲載されていた。

タミーは誰に殺されたのか? 『地獄へ堕ちよう』とは何なのか?

答えは終盤で明らかになるわけですが・・・
その答えが最高につまらない・・・。ガッカリしたの一言。

「それでもわたしは生きていく」みたいな感じで終わるのも「え?」って感じ。

結局著者は何がしたかったんだ?


<表現力はすごい>
終始グロテスクで痛々しく描写されており、ムラサキ君が死ぬところなんかは
実際にアレが縮こまっちゃうぐらいアレでした。

文章でここまで表現できるのはすごいんじゃないかなと思いますが、
オチがなぁ・・・ほんとに酷いなあ・・・

なんでこれが大賞作品なのかなぁ・・・



そんな感じの2作品。本屋で見かけたら是非。



解釈が違うかもしれないネタバレ

続きを読む

Posted at 23:43 EDIT | Books | COM(0) | TB(0) |
-->
Syndicate this site (XML)