2008.03.24

さぁPCSX2で遊んでみようか?


この記事は古い記事です

最近やった解説はこちら



今回は、この手の話題に興味の無い方にとっては何の意味もない記事なのですが…。

皆さんはPCSX2という代物をご存知でしょうか。
PCSX2というのはパソコン上でPS2を動作させてしまおうというエミュレータです。
ハイスペックPCが必要なのだそうですが、今回PC新調したということで挑戦してみました。




はい。 
ということで今回は上のように起動することを目標として解説しようと思います。
ちなみにバイオ4は購入したものですがコマ送りすぎてゲームどころではありませんでした。


興味の無い人には長くなったら迷惑なので、ここより先は「続きを読む」を押してご覧ください。


続きを読む



はい。では、解説です。

【準備】
PCSX2本体⇒こちら
Bitcomet ⇒解説サイト
WINRAR⇒こちら
PS2 BIOS⇒こちら 当サイトは不正ダウンロードを助長している訳ではありません…一応。
ゲームソフト⇒買ったもの



【手順1 PCSX2を落として解凍しようぜ】
はい、まずはPCSX2をDLしましょう。準備のとこのリンクからいけます。

PCSX2の話2

赤で印付けたDOWNLORDを押すと
ダウンロード開始です。
保存する場所は任意でOK。




ダウンロードされたものは圧縮されているので、解凍しなければなりません。
解凍にはWINRAR(準備からどうぞ)が必要です。
他のソフトでもいいですがコレをお勧めします。
WINRARはシェアウェアですが試用期間があり、期間が過ぎても利用できます。


PCSX2の話3

この先ほどダウンロードしたのを右クリックして


PCSX2の話4

「ここに解凍」を押すと解凍できます。(WINRARの場合)
右クリックしたときのメニューは個人個人で内容が
違いますので気にしないでいいです。あとアイコンが本みたいなアイコンですが、
これも使うソフトによって違うので気にしなくていいです。


PCSX2の話5

左のものが、解凍して出現したフォルダ。これで手順1は完了です。



【手順2 ビッコメ導入とBIOSの入手】
Bitcometについては前も、このブログで解説しましたね。
今回は時間的にも面倒なので、準備のとこに解説サイトを
貼っておきましたのでそちらを参考に導入してください。
さすがにもう一度1から解説させるのは勘弁してください。
まぁ分かんなかったらコメントで質問してくれてもいいですから、
参考サイトで頑張ってください。

ビッコメ(Bitcomet)を導入したら、いよいよ核となるBIOSを入手します。
コレが無いとどうにもこうにも先に進めません。

準備のとこに書いてあるからそこから自己責任で。

PCSX2の話6


例によって赤枠をクリック。
フォルダ指定してDL開始。





PCSX2の話7

ダウンロード完了後のもの。
面倒なのでこの時点ではまだ解凍しないでください。


そしたら、ダウンロードした上のを手順1で解凍したときに出現したフォルダの中の
「bios」というフォルダの中に入れます。

PCSX2の話8

いいですか?こうですよ?
左上がちゃんとbiosって名前になってますか?いいですね?
そしたら先ほどのように右クリックして「ここに解凍」(WINRARの場合)を押して解凍します。




PCSX2の話9


解凍後
画像に表示されてるファイルが
全部ではありません。
下のほうにもいっぱいでます。





で、解凍したら赤枠のやついらないんで、画像のように削除してください。
あとReadmeというファイルも必要ないので消してください。

以上で手順2は終了しました。



【手順3 各種設定と起動】
さて、こっからが一番面倒な部分にして肝心な部分です。
何はともあれPCSX2フォルダの中にある、
pcsx2t.exe」をクリックしてください。

PCSX2の話10

黒い画面と、水色のウィンドウがある、このような状態になりましたね
そしたら水色の画面のLanguageからJapaneseを選んで日本語表記に変更。
ちなみに上の画像は日本語化した後の画像なのでLanguageという項目は無い。

英語でいけるぜって言う猛者はそのままで良い。どうせ細かい設定画面の時は英語です。
そしたら水色の画面の、「設定」をクリックして、そのなかの「設定」をクリック。


PCSX2の話11

このように。 設定のなかの設定をクリック。


PCSX2の話12


そしたらこんな画面が出ます




そしたらまず一番下の「BIOSディレクトリの設定」でさっきぶち込んだBIOSを読み込もう。
普通にさっきやった「bios」のフォルダを指定してOKを押せばいいです。

それが終わったら次は一番上、グラフィックス。
これはゲームによって変える必要があるようなので、一概にどうとは言えないのですが、
お使いのCPUがデュアルコアの場合は画像のような項目にしてください。
そうでない場合は他のものを選んで、「設定」を押してください。

PCSX2の話13


デュアルコア用のものを選んだ
ときの設定画面の例。
画像のように設定してください。







PCSX2の話14

普通のシングルコアCPUを付けたPC用のグラフィックを選択したときの画面。
画像のように設定してください。

まぁこのあたりは、ゲームによって弄ったほうがいいらしいので、
各自で英語読んで快適になるように弄ってみてください。
さすがに詳しいことは僕もまだ分かりません。
なにせ快適に動いて無いのに解説してますから。


お次は1Pコントローラーですが、これはパッドとか持ってるなら、
パッド挿してから項目から選んで「設定」を押して各自設定してください。
設定の仕方はフィーリングで何とかなるでしょう。
パッドをお持ちでなく、キーボードでやる人は、「ZeroPAD」を選んで下さい。


次のCDVD-ROMですが、これはドライブの話です。
直接PCにPS2のディスク入れてやるなら、
P,E,Op~~~とか言うやつを選んで下さい。
落としたISOとか吸い出したISOで遊ぶなら
Linuzaとか言うのを選んで、設定から読み込ませて下さい。

そのほかのサウンドとかは全部デフォルトで良いみたいです。
気に入らなければ色々弄ってみて下さい。

そして最後に、BIOSって部分ですが、ここは使うソフトによって使い分ける必要があります。
日本のソフトならJapaneseを、外国のソフト(輸入版とか)ならその国に応じたものを選びます。


さて、ここまでの設定が終わったら「OK」を押して閉じてください。
次にディスクを入れるなりして、水色の画面の「起動」⇒「実行」から、ついに起動します!

これで全部の作業が終わりました!!!

これで動かなかったらさっきの設定を弄ってみるなりして試行錯誤してください。
僕もまだまともに動いてないので何とも…とりあえず別のソフトもあるので試して見ます。

それでは、解説はこれで終わります。
なにかあったらコメントまで。では。


この記事へのトラックバックURL
http://okogesan.blog29.fc2.com/tb.php/251-25326b99
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2008.06.22 12:35 | 編集
ふむ。なるほど。PCSX2はやっぱ不安定なんじゃないでしょうかね。
一応僕も起動は出来たんですけども、ゲームとして機能するほど
快適には動きませんでしたわ。
Posted by おこげさん at 2008.06.22 14:06 | 編集
はじめまして。vistaで起動しようと思いましたが、動作が停止してしまいました。管理人様と同じようにやったんですが、何がいけなかったのでしょうか?
Posted by 新人 at 2008.09.17 00:11 | 編集
僕が考えられる理由としては
①PCスペックが低い
②Vistaではそもそも動かない?

ということぐらいでしょうか。ここで聞くより、もっと大きな解説サイトさんのほうで
聞いたほうがいいかもしれませんね。
Posted by おこげさん at 2008.09.18 15:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する