--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.02.16

Kane and Lynch


久々に洋ゲーやりました。

Kane and Lynch」というTPS。
RainbowSixのように、仲間に指示を出しながら敵を倒していくタイプのゲームだ。





オーシャンズ11さながらの登場シーン。


デモ版やったときから興味があったのだが、
(そのデモ版は操作が分からなくてクリア出来なかったけど)
実際やってみるとボリュームがちと薄いかなぁって感じがしたね。
英語なのでストーリーとか会話はちょっと何いってるか全然分からないけど
空気的には、妻を殺された夫が復讐していく物語 なのかなぁ?そんな気がする。

Call of Duty程の映画的演出は無いものの、グラフィックは綺麗なほう。




Lynchがカッコよすぎなんです ハゲですけど…。






HPは、最近よくあるダメージ受けてもじっとしてれば自然と回復するタイプ。
敵の攻撃を受けて体力の限界に達するとその場に倒れてしまい、
一定時間以内に味方に注射を打ってもらわないと死んでしまいゲームオーバー。

RainbowSixやCoDもそうだけど、この手の味方を操作するゲームでは、
味方兵士は超人的に装甲が硬いので、先に突っ込ませて一掃させてから
紙装甲のプレイヤーがうしろからイソイソついていく感じになる。

このゲームでも、見方は機関銃で撃たれても死なないのに、
プレイヤーは弾丸が掠っただけで瀕死になります。

もし自分がダウンしても仲間が近くにいるとグサっと薬物を注射してくれて
基本的には何回でも復活が可能。(ただし一定時間内に連続で注射されると死ぬ)
仲間が倒れた場合も同様に注射一本で復活をさせることが出来る。
ヘッドショットを食らっても救助の猶予がなぜか存在し、
助けてもらえればその場から再開することが可能なのでかなりぬるい。

味方に下せる命令は 「待機」「対象を攻撃」「ついて来い」の3つ。
味方の頭脳があんまり よろしくないようで、「対象を攻撃」と命令すると
銃を持ってるのに わざわざ敵の近くまで行って超至近距離で射撃するという馬鹿さ。
さらに、命令すると俺に命令すんじゃねえとばかりに「Fuck you」と言われる。

他にも、仲間の近くでマウスホイールを押し込むと所持品が表示されて、
仲間と武器を持ち替えたりすることが出来る。
地味に味方のほうがいい武器持ってたりするのでよく奪う。

破壊できるオブジェクトもあり、壁を撃つとタイルが剥がれ落ち、
車を撃つと爆発炎上して周りの敵が吹っ飛ぶ。
手榴弾を使うとゴミのように敵が飛んでいきます。

ゲーム中盤で日本人らしき敵が出てくるが、日本語がちょっとアレな感じが・・・
おそらく外人に喋らせてるのであろう、かなり片言の日本語。
まぁ面白いので良いですが。 CODも日本兵はカタコトだったし。





戦闘方法は、近接戦闘や覗き込み撃ち、遮蔽物に隠れながら撃つなど。
まあ使用頻度は高くないですがおもしろい要素ではありますね。

不満をあげるとすれば、「味方は味方を蘇生できない」点と、
スナイパーライフルだとどこ撃っても即死なのに、普通の銃だと
「ヘッドショットしても即死しない敵がいる」ってことかな。

味方が死んでもゲームオーバーなこのゲームにおいて、前者の点は
結構ストレス貯まります。市街戦とかでスナイパーに味方が撃たれて、
こっちだって忙しいのにわざわざ遠くまで蘇生しに行ったりとか。

後者はリアリティの観点からやめてほしいと思った。


この記事へのトラックバックURL
http://okogesan.blog29.fc2.com/tb.php/465-b97f6733
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。