2010.05.25

カンバック俺たちの黄金時代!!



今、俺達は窮地に立たされている。




この世界にまた一人ニートが増えるか増えないかは、全て俺たちに掛かっているといっても過言ではないだろう。





これは・・・オレたちと、みもれっとの・・・ひと夏の物語・・・。














ちなみにこのシーンである。












第2巻 7ページ参照ッ!!!





僕がそんなんでどうするんだッ 僕は彼に希望を与えなければならないんだ。

その僕が そんな気持ちじゃ・・・彼は戻ってこないんだ!!


誰一人欠ける事無く全員でッ!! 大学を卒業してみせるッ!!

彼を途中でやめさせたりなんかしないッ!!

オレが・・・ オレが彼を救うんだ・・・













フッ 彼に希望を与える救世主であるはずのオレが、避けられているわけがなかろう!

そんなわけ・・・ないよね・・・?














そんな僕は彼にコッソリ こんなメッセージを送った。

厳しい言葉かもしれないが、これが僕なりの・・・彼への・・・

精一杯の友情表現なんだ・・・!!


 






返信なし



こやつ・・・こんな恥ずかしいセリフを何度も言わせるつもりだな・・・?

なかなかやりおる・・・。






これは、僕たちと みもれっとの ひと夏の物語・・・

僕たちの物語は まだ 始まったばかりなんだ。




この記事へのトラックバックURL
http://okogesan.blog29.fc2.com/tb.php/661-37d4bb67
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
僕たちの物語は まだ 始まったばかりなんだ。

終了のお知らせwww
ひと夏か・・・・サマーウォーズをおもいだすな
Posted by どん at 2010.05.26 00:38 | 編集
あの丘の向こうに 僕らの夏がある
変わらないもの 美しいもの 全て そこにある

太陽の行方を 向日葵が追いかける 風の音さえ 聞こえないほど 僕らは見詰め合う

心と 心を 重ねて 光の しずくで 満たして
手と 手を 硬く結んだら 小さな奇跡が生まれる

信じて欲しいんだ 未来が見えるんだ
君の瞳に 空の青さが 映る その度に

ゼロ戦が空を飛ぶ 遥かな時代から
僕らがここで 出会えることも きっと決まってた

幾千の 愛の記憶を 僕らは辿っていこうよ
とこしえに君を守るよ 僕らの歴史が始まる

運命が ここから どこへと 向かおうと
雲に描いた 白い約束 決して忘れない

心と心を重ねて 僕らは夏の夢をみる
手と手を硬く結んだら 小さな奇跡が生まれる

僕らの奇跡も生まれる

真夏の奇跡が・・・

Posted by おこげさん at 2010.05.26 13:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する