--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.04.30

山田孝之の無駄遣い



GANTZ:PERFECT ANSWER 観たけど なんというかガッカリだった。





エンディングがなんというか酷い出来。

ネタバレになってしまうので詳しくは語らないけど、
「え?何でそうなんの?」という状態。

そのエンディングになるまでの説明の描写があればまだ良かったけど、
その描写が無かった為、二宮君演じるクロノがなぜああなったのかが分からない。

さらに終盤で敵が球体に振りかけた謎の液体についての解説描写も無いように思えた。

一体あの液体は何だったのか…。

分からないまま終わってしまった為、結局消化不良という感じになってしまった。

クロノの状態を見ればバッドエンドとも考えられるし、
それによって得られた結果を見ればハッピーエンドとも考えられる。

見る人によってどうとでも考えられる。
(だからこそPERFECT ANSWERなのかもしれないけど)

製作側の考えてるエンディングというのがイマイチ伝わってこなかったなぁ。


ただ映像表現は凄い良くできてたとは思う。

弾け飛ぶ肉体、星人、全裸で登場の岸本さんとか。


あと個人的には「スーツが死んだ!!助けろッ!!!」でおなじみの西丈一郎役の
本郷奏多さんの演技が素晴らしかったと思う。壮絶なウザキャラを演じきってる!





もはやこの映画は本郷さんを観る為の映画と言っても過言では無い…。

そんな映画だった。

これから観にいく人は是非その辺を見てもらえればな と思うわけだす。



「黒服集団に情報を提供しつつガンツの謎を探る人」という役だけの為に
山田孝之を起用したのはどう考えても無駄遣いとしか言えない。





この記事へのトラックバックURL
http://okogesan.blog29.fc2.com/tb.php/868-9fa41e42
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。