2011.11.24

ここから始まる俺たちの英雄伝



やあこんにちは! 鉄仮面お兄さんだよっ!



昨日からマビノギ英雄伝のOβが始まりやがりました。

ふむふむ。まあなかなか面白いと思った。






グラフィックは見てのとおりMOの中ではバツグンに綺麗。

歯の1本1本までしっかり見えるし、装備デザインが全体的に中世寄りなのが良い。

ただそれなりにPCスペックも必要のようで僕のPCだと街中が多少重い。




特に鉄兜のテカりとか凄い。オイルでも塗ってあるんじゃないかってぐらいツルッツル!

序盤からフルフェイスヘルムが着けられるのも気に入った!

自キャラの醜悪な顔を見なくても済むからね・・・。

ゲーム内マネーで装備を染色できるのも良いよね。
顔で個性が出ないぶん、装備で個性を出さないと。




C9のこのグラフィックを見てしまった後では中々戻りにくいかもしれない。







「いらないだろ」と物議を醸しているモノ投げシステムは個人的にはすごい好き




樽やら壷やら色々投げれる。投げるだけじゃなくそれで殴ることも出来る。

石の柱を壊して出来た石の塊でぶん殴ったり、敵の持ってる武器を逆に利用したりとかも出来るし、生えてる木をぶっ壊すとデカい枝が出来るのでそれ振り回すと周りの雑魚が全部死ぬ

何よりネタじゃなくガチで強いのがGood。
石の塊を投げるとボスが簡単に怯んでくれるのでそれを利用して猛ラッシュをかけたりとか。

「これも武器として使えたりするのかなあ」とか考えながらやるのが楽しい。

モノで倒さないと貰えないタイトル(称号)とかもあって、それを集めるのも楽しい。





そうそう・・・あとアレ・・・

ゴキブリダッシュがある


某ゴキマスとは違って移動中はちゃんと無敵になるので便利。







戦闘はMOなので基本的にC9とやってることは全く変わってない。

クエストの為にダンジョンひたすら凸する感じ。
タイトル集めも兼ねてるので今のところそれほど苦ではないけど、
エピソード2以降からトークン(ダンジョンに行く為に毎回必要)が必要になる。

疲労度が無いかわりにこのトークンを払ってDに行くわけなんだけど、きっと課金になるんだろうなぁ。

とりあえず1枚1円ぐらいにしてくれないとこのゲームは終焉を迎えるだろう。

ただ、回避行動とかスマッシュ攻撃とかにはスタミナゲージを消費するので、
何も考えずに攻撃しまくってるといざ回避しようって時にスタミナ切れで死んだりするので、そういう部分を考えながら戦うのは面白いとは思う。





攻撃を食らうと部位ごとに装備が壊れたりもする。
壊れるとダンジョン中は修理キット使うまで防御力が下がる。

街に帰還するとなぜか勝手に直る。






モノを投げるのも出来れば、敵を掴んで投げることも出来る。



掴んで壁の近くで右クリックすると壁に敵をドグシャァッしてくれる。

何も無いところで右クリックすると背骨をバキ折る。

これがなかなか強くて面白い!これによって得られるタイトルもある。




ただこのゲームにはジャンプが無いので当然空中コンボとかも無い。

さらにキャラも現在2種類しか選べないので個性が無い。クラスも無いので尚更個性が無い。
スキルは種類はあるんだけど構成がみんな同じになりそう。

今のとこ個性を出す手段が装備の色ぐらいしかないのがちょっとなぁ。


個人的には、C9を無双と表現するなら、英雄伝は鬼武者かな。

こう・・・C9には無いバッサリ感がある。効果音もなんかすごい。

ただまあ・・・ひとつ言うなら・・・

このゲームはマビノギじゃないよね・・・っていう・・・。

だって駆け引きがないし・・・。生活感?とかはよく分からないけどクソみたいな釣りしかないし。


まあそんな感じのゲーム。





ふつくしい・・・。





この記事へのトラックバックURL
http://okogesan.blog29.fc2.com/tb.php/957-ec7cc9be
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する